高知鷹城ライオンズクラブ
ライオンズクラブ国際協会 336-A 地区 7R-1Z トップページサイトマップ
ライオンズクラブとは
高知鷹城ライオンズクラブとは
会長挨拶
組織図
アクティビティ
行事予定
例会プログラム
会報誌
リンク
お問い合わせ
トップページ

高知鷹城ライオンズクラブ活動報告『高知を明るく元気にしよう計画』
ライオンズクラブとは

 ライオンズクラブとは世界最大かつ最も活動的な社会奉仕団体です。
 ライオンズクラブは創立者メルビン・ジョーンズにより1917年、アメリカのシカゴ市で誕生しました。メルビン・ジョーンズは実業家の集まりが単なる商売上や社交上の集まりにとどまらず、社会のために有益な団体とならないだろうかと考え、その呼びかけに賛同した人々により最初の会議がもたれここにライオンズクラブが生まれました。
 1920年にはカナダ・オンタリオのウインザー市にアメリカ国外初のクラブが結成され、協会の名称も「ライオンズクラブ国際協会」となりました。
 以来、協会の目的と綱領に共鳴する人々は全世界に拡がり、今日、世界202の国や領域で、約4万5千のクラブ、およそ130万人の会員が地域社会へのさまざまな奉仕活動を行っています。

 わが国では1952年(昭和27年)3月、東京ライオンズクラブが誕生。以来、全国各地に3300余りのクラブが結成され、今日、アメリカ、インドに次ぐ世界第3位のライオンズ国となっています。

 今日、ライオンズクラブは「われわれは奉仕する」をモットーに、視力保護・失明予防や緊急災害救援など世界的規模での活動を始め、環境保全、献血・献腎・検眼、青少年育成、薬物乱用防止、さらには地域社会の実情に応じた活動などさまざまな奉仕活動を行っています。

ライオンズクラブのスローガン
Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)
ライオンズクラブのモットー
We Serve
(われわれは奉仕する)
ライオンズの誓い
われわれは知性を高め、相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する
ライオンズクラブ国際協会 ナレシュ・アガワル会長テーマ
『We Serve』
336-A地区 川辺信郎ガバナースローガン
『新世紀・明日につなごう 奉仕の輪』
キーワード 『初心』
高知鷹城ライオンズクラブ 鳴瀧渡会長スローガン
『“奉仕の旗の基”集う友情に We Serve』
キーワード 『45』