KOCHI YOUJYO LIONS CLUB
01 高知鷹城ライオンズクラブ
Kochi Youjyo Lions Club
2005年 9・10月号
02
9月1日 観月例会(竹林寺)にて
幻想的な演出に感動いたしました
8月13日納涼花火例会(三翠園14階にて)
○ライオンズクラブ モットー 
『We Serve』(我々は奉仕する)
○国際会長スローガン
『飛躍への情熱』
○336−A地区 ガバナースローガン
『ライオンよ、誇りを持ってウィサーブ』
キーワード『PRIDE』

○クラブ会長スローガン
『ライオンズ・ルネッサンス』
10月6日 第1104回 結成記念例会

2005.10.12 地区委員会からに青少年・LCIF・市民奉仕・児童奉仕委員会方針を掲載。
2005.09.29 地区委員会からに「環境保全写真コンテスト募集について」を掲載。
2005.09.26 地区委員会からに環境保全・保健福祉委員会方針を掲載。
2005.09.08 地区ITの相談室に第1回複合地区IT委員長連絡会議議事要録を公開。
2005.09.01 キャビネットニュースにガバナーメール第1号を掲載。
2005.09.01 4R3Z 中村LCが四万十LCに名称変更を致しました。
 
ご家族との楽しい食事 絶景でした
14階からの大パノラマ
 
 
 
新入会の西村さま、土居さま We Serve(336A-4R会員委員・高知LC・L瀬川)
待上手の鷹城  
 
9月3日(暑い中お疲れ様でした) 10月1日(雨の中での掃除大変ご苦労様でした)
 
ちびっ子サマーキャンプ(川内小 4年 片岡真梨奈)
 7月30、31日に、ちびっ子サマーキャンプに行きました。
 坂本のおじさんのお世話で実鈴ちゃんとおとまりのキャンプに行けるのでうれくてワクワクしました。
 バスに乗って早明浦に行きました。この時早明浦では、森と湖に親しむつどい「早明浦フェスティバル」をしていた。2万人位の人が来ているそうです。まいごにならないように注意されました。会場では橋本大二郎さんやいろんな人が話していましたが、よく分かりませんた。でも早明浦ダムは昔たくさんの家があって人が住んでいた所をこわしてダムにしたそうです。ダムや森は、私たちを大雨から守ってくれるので大切にしなければいけないと思いました。発電所の中へ入りました。12度で寒かったです。いろいろなきかいがありまた。こんなので電気が作れるのかなと思いました。
 私は、川遊び、木工教室、ロッククライミング、バルーン、スペースシャトル、あめごのつかみどり全部楽しかったです。また行きたいです。でも、きもだめしはいやです。

夏季療育キャンプ 8月20日・21日 於/安田中学校

 8月20日土よう日、やす田中がっこうへ、キャンプにいきました。おんがくりょうほうで、楽器でリズムをしたり、ダンスをしたりしました。つぎに水えいをプールでおよいだ。
スイカわりをきった。バーベキューをたべた。おいしかった。
カレーライスをたべたよる花火にほのうをつけた。たのしかったですライオンズさんありがとう。
日高ようご学校 平野たつや
平成17年8月20日
日本自閉症協会 高知支部
2004〜2005年度年間会員増強プログラム
目標達成 バナーパッチ

 
 L土居 幸子
@私の仕事は……我が家(土居家)の食事担当
A趣   味……書とスポーツ唯一究極のペタンクです。
B健 康 法……バランスの良い食事、早朝2時間(雨天を除く)ペタンクの練習
C夢………………主人共永く鷹城ライオンズクラブに在籍できること。
Dそ の 他……もう一度ペタンクの全国大会に出場を希望。
(株)四国銀行木屋橋支店長      L西村  章
@私の仕事は……地元の金融機関の一員として総合金融サービスの提供に努め、地域と共に発展して行く事が私の使命だと思っています。
A趣   味……スポーツ観戦・ゴルフ
B健 康 法……毎朝、出勤前に愛犬(ラブラドル.レトリバー 10歳)と散歩すること。
C夢……定年後 家内と、ゆっくり四国八十八ケ所参り。
Dそ の 他……妻(女性)子供二人(姉妹)孫二人(姉妹)愛犬一匹(メス)これが、昔、易者に占ってもらった「女難の相」 かも?
 
L黒岩淳治をしのんで

L 成岡 巖
 9月11日、天気快晴。暑さ厳しき折、午後1時〜2時、L黒岩の葬儀式が営まれた。クラブ内でも特別親しかった私は、20分前に会場(風水晶)に入り独り故人との思い出の1コマ、懐かしい会話の1語1語をゆっくりと思い出していました。ご焼香の際、正面の遺影を見つめると、メガネの奥の目を細め、あの独特のか細い声で『成岡さん、来てくれましたァー』と笑っているようであった。
 黒岩さんは実に寡黙な人で、たまに出席する例会でも、気難しそうな雰囲気が壁として感じられるのか、会員との会話はほとんどなかったと思います。しかし、私が声をかけるととても喜んで、一転饒舌になることもありました。
 私と故人とは、もともとうま合いというわけではありませんでした。たまたま、自分がゴルフ部会長を4年間務めたため、ゴルフ例会の折、常にパートナーとしてプレイを共にしました。黒岩さんは幾年か前に心臓の手術をされ、また、高齢ゆえゴルフは実にゆっくりしたマイペースを通しました。ゆえに、他の会員とのリズムが合わなく、やむなく自分が常にお付き合いをさせていただいたわけであります。本人も、重々迷惑を承知していた様で、時折若き日の栄光を、懐かしむように私に語っていました。地区大会で優勝し、ガバナー賞をいただいたこと、ドライバーの飛距離が300ヤードあったこと(ちなみに当時、尾崎将司でも300ヤードは飛ばなかった)。しかし、体力は年々衰え、プレーの進行もますます遅くなり、ついに平成13年3月、私の引退勧告に笑って応えてくれました。愛娘の死、家族との確執等、私事を何のためらいもなく打ち明けてくれたL黒岩、安らかに。
■高知鷹城ライオンズクラブ
■平成16年8月26日発行 ■事務局 高知市鷹匠町1-3-35三翠園内
■TEL 088-875-7122 ■FAX 088-875-3366
■E-mail yojo@kochi-lionsclub.org
■URL http://yojo.kochi-lionsclub.org/
■発行者 会長 弘内喜代志/幹事 松村幸生/会報委員長 刈谷志毛雄、桑尾泰行、川村公康、中谷正彦、嶋崎誠史
■編集責任者 刈谷志毛雄
 
ウィンドウを閉じるトップページに戻る