KOCHI YOUJYO LIONS CLUB
01 高知鷹城ライオンズクラブ
Kochi Youjyo Lions Club
2005年 8月号
02
   
○ライオンズクラブ モットー 『We Serve』(我々は奉仕する)
○国際会長スローガン 『飛躍への情熱』
○336−A地区 ガバナースローガン
    『ライオンよ、誇りを持ってウィサーブ』キーワード『PRIDE』
○クラブ会長スローガン 『ライオンズ・ルネッサンス』
2005.08.06 地区委員会から に『ライオンズクラブこども万博デー』の写真を掲載。
2005.08.05 八幡浜キャビネット準備室を公開。左フレームの上部336-Aのマークをクリック!
2005.08.01 2005-2006年度地区誌第一号(第51巻)を発行。
2005.07.29 ライオンズ資料室 に第88回国際大会報告書を掲載。
2005.07.29 ライオンズリンク に札幌西LCをリンク。
2005.07.25 キャビネットニュース に緊急連絡・訃報連絡方法を掲載。
2005.07.22 キャビネットニュース にキャビネット事務局休局のご案内。

 

ちびっこサマーキャンプ早明浦の出発式 宿題の工作はこれでばっちり
やっと一息 カヌー教室
本当は誰が乗りたいのかな?
鷹城のスパイダーマン登場! さかなのつかみ取り
一番心配な夕食造り さめうらダムを背景に花火見学
 
気球体験  
故L田岡登元地区ガバナーのご逝去を悼む

当時の元キャビネット幹事 大久保 長幸
 故L田岡登に出会ったのは昭和34年の春頃と思いますが(この年の10月当クラブの結成)この頃には正蓮寺に高知ゴルフクラブができて頭初の会員の人々がインドアゴルフで練習を始めボールの位置に対するスタンス、アドレス、テークバック、ショット、それによくあるヘッドアップなど基礎練習をしたものです。今の堺町にある不二電気工芸(株)の場所にもあり須崎の人で竹本と云う方が指導して居り、私も此処へ通った事でしたがその頃美男子で色白の背丈もありスラットした方でボール位置を確認しても長い間ショットもしない慎重なお方を時々見受けたことでした。昭和39年3月に当クラブに入会したらこの方がCMで居られビックリしました。
 あまりにも言葉少なく誰かれなく喋らない方でしたので会員の皆様も知らない方々は近くの席をとらない程でしたが実は気のつく気を廻す緻密なお心の持ち主でした。お仕事も歯医者さんでしたので患者さんの歯も緻密に治療された事でしょう。当クラブでは幹事、会長、ZC、DDG(RC)336−A地区ガバナーまでマスターされ、地区ガバナー(1992-1993)(副地区ガバナーのない頃)に就任する数年以前から準備、研究し国際本部の方針、会則の変更など調査して居られ、これも緻密な準備であったと思います。
 又336−A地区ガバナーの当時は複合地区ガバナー協議会議長としても立派にその重責を完遂された功績は大であります。1992年夏に行なわれる地区内のガバナー公式訪問に際しクラブ単位で行なうものですがクラブ多数のためゾーン単位に訪問する事となり、5R(徳島)1Z(小松島)訪問の席にて元国際理事L岡元大三より田岡ガバナーの様なガバナーはこのあとには出ない、出てこないであろうと云うお褒めの言葉を頂いた事でした。この様に完璧なガバナーをやられたが時には地区役員であれクラブ会長であれ間違ったことを云うと大声で叱ることも再三ありました。クラブ会則や運営に関しては謹厳実直なお方でした。熟慮断行、質実剛健、不言実行の言葉が当て嵌まる人だと思います。
 2〜3年前寄る年波の性か病気をされ次第に視力も弱り、クラブ在籍のままでは元ガバナーとしての立場上シカゴ本部よりの各種アンケートや意見書などの提出を求められるのに困惑され、昨年はクラブ退会を余儀なくされご療養中と聞いて居りましたがご逝去され誠に残念でなりません。謹んでここに深く哀悼の意を表しご冥福をお祈り申し上げます。

新会員紹介コーナー

杉本 勝恵

1.私の仕事……家業(歯科の材料の卸業の会社を主人が営んでいますので保険関係や給与などの業務を手伝っています。忙しい時は、事務も応援に行っています。)
2.趣  味……生け花をやっています
3.健康法……毎日ストレッチと犬の散歩
4.夢……………のんびりと旅行

 
■高知鷹城ライオンズクラブ
■平成16年8月26日発行 ■事務局 高知市鷹匠町1-3-35三翠園内
■TEL 088-875-7122 ■FAX 088-875-3366
■E-mail yojo@kochi-lionsclub.org
■URL http://yojo.kochi-lionsclub.org/
■発行者 会長 弘内喜代志/幹事 松村幸生/会報委員長 刈谷志毛雄、桑尾泰行、川村公康、中谷正彦、嶋崎誠史
■編集責任者 刈谷志毛雄
 
ウィンドウを閉じるトップページに戻る