KOCHI YOUJYO LIONS CLUB
第1152回 結成記念例会
10月4日(木) 三 

第1151回例会 「観月会」
平成19年9月20日(木)竹林寺にて

ちびっ子ハゼつり大会
10月14日(日)鏡川にて開催
 

○国際会長スローガン ジミー・ロス
 「We Serve」われわれは奉仕する
  「変化への挑戦(chllenge to change)」

○336−A地区 ガバナースローガン
 「ライオンよ、
     熱き想い・強い絆でウィサーブ 」
  キーワード 「情熱・感動」

○クラブ会長 スローガン
 「よく知り 楽しんで ウィサーブ」


2007.09.13 CFS献金状況を更新しました。
2007.09.13 ガバナーメール第4号を掲載しました。
2007.09.11 ガバナーメール第3号を掲載しました。
2007.09.09 ライオンズリンクに八幡浜LCのホームページを追加しました。
2007.08.20

336−A地区誌「四国」第59巻を掲載しました。

2007.08.20 ガバナーメール第2を掲載しました。
2007.08.17 CFS献金状況を更新しました。
2007.08.16 年間行事予定・周年行事を更新しました。


 
前日降水確率70%当日朝8時30分からの受付開始でしたが雨も降らず皆さん参加して頂きホッとしたスタッフたち

 
思い思いに竿を出す皆さん この日一番の大物でした!

初めての釣り体験
心に残る一日成りましたか

ハゼを手に大喜びの子供さん

釣果は皆さん大漁でした
本当によかったです

事故ケガも無く素晴らしい
ちびっ子ハゼ釣り大会が出来ました。
スタッフの皆様お疲れ様でした。
 
 

 

 
 

 
 

ライオンズクラブ国際協会は、予防可能な失明を世界中で大きく減少させるため、1990年に視力ファーストを開始しました。この事業の運営は、国際協会の援助金交付部門であるライオンズクラブ国際財団が行なっています。ライオンズは1億4,300万ドルの資金を調達し、この事業を惜しみなく支援してきました。
 予防可能な失明の90%は、発展途上国で生じており、視力ファースト事業は、主にこうした地域を対象としています。
 その主眼は、眼科医療の基幹施設と体制を強化すること、眼科医療従事者を訓練すること、大規模な医療活動によって失明を引き起こす主な疾病を克服することの3点に置かれます。視力ファーストは、先進国においても、ライオンズ・プログラム(LEHP)を通して失明と戦っています。LEHPは、地域社会に視力保護を呼びかける教育プログラムとして、緑内障および糖尿病性眼病の恐れのある人々に瞳孔拡張検査の重要性を伝えます。このプログラムは、米国、日本、イギリス諸島およびアイルランド、カナダ、オーストラリア、トルコで実施されています。

 
 

 
 
ウィンドウを閉じるトップページに戻る